携帯用スライドはさみ

アメリカから来日している知人が、日本の包丁が欲しいというので、江戸時代から続く創業1792年の老舗「日本橋 木屋」を訪ねる。
そこで、小さな携帯用のはさみを発見!
携帯用スライドはさみ_b0083801_133621.jpg

旅の多い私のような者には、打って付の品物だ~ お値段も578円と手ごろ・・・と言う事で早速購入。
携帯用スライドはさみ_b0083801_19714.jpg

このように、5㎝ほどの小さなボディーをスライドさせると・・・お見事!ちゃんとはさみに変身します。
携帯用スライドはさみ_b0083801_111922.jpg

「日本橋 木屋」は、このようなアイデア商品から、包丁、はさみ、おろしがねやのみに至るまで、職人技の刃物が揃った、私のお勧めのお店です~
日本橋へお越しの際は、是非覗いてみてください、見ているだけでも、職人さんの技が伝わってきますよ!


日本橋木屋本店
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1F
TEL03-3241-0110 FAX03-3241-1333
営業時間 AM10:00~PM8:00
定休日 年中無休
トラックバックURL : https://akioka.exblog.jp/tb/20250027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 松本 at 2013-04-06 05:25 x
おはようございます。旅に便利な携帯ハサミですが?飛行機での中では無理でしょう。今日はここまで…「新・サブちゃんと歌仲間」が始まります。(*⌒▽⌒*)
Commented by 秋元崇 at 2013-04-06 05:59 x
秋岡秀治様、
おはようございます!新・サブちゃんと歌仲間…見ましたよ!!!生歌はいいですね…これからも、サブ歌に出演してください!テレビで見られて良かった…良かったの一言です。
Commented by 松本 at 2013-04-06 06:35 x
おはようございます。久しぶりに秀ちゃんのお顔拝見しました。良かったですよ。4月は新富文化ホールに永井裕子さん・宮崎出身の水木大介さん…水木大介と言えば何年前まで役員やって来ました。今は「雨の道玄坂」で頑張って居るようです。私が秀ちゃんの大フアンって事も知ってます。「秋岡さん新曲出したね」よく言われます。我が家に来た時に色紙・写真を見た事でしょう。でもこちらに帰って来た時は…やっぱり協力はしてあげます。やっぱり宮崎の人は情にもろいのかなぁ…
Commented by 松本 at 2013-04-08 06:02 x
おはようございます。昨日は「日曜日バラエティー」お疲れ様でした。北島三郎さんの「風雪流れ旅」秀ちゃん初めて聴きましたよー!さすが秀ちゃん!近くに住んでいたら行きたかったです。
Commented by ルナ at 2013-04-08 08:36 x
シュウしゃま 私も昨日の『日曜バラエティー』聴きましたよ。
Commented by 大ファン at 2013-04-08 09:16 x
久しぶりのコメントです!昨日昼からずーっとラジオ離れず聴いてましたよ秀治おじさんなんてのコント面白かったよ隼ゆっくり聴きたかったのにニーユスが入って聴けなかったですね昨日帰ってガラスお掃除出来ましたか?叉愛知で待ってま~す
Commented by 秋元崇 at 2013-04-08 18:04 x
秋岡秀治様、
こんにちは、「日曜バラエティ」…応援団員としてスタジオに行きたいのでしたが、あの強風で一人…二人と外出を取り止める人が続きまして、ラジオの前で応援しました~
渋谷に行き…抽選に当たれば「秀ちゃん」の掛け声が出来たのにねぇ~
又、チャンスがあれば…応援団が集合します!
「風雪流れ旅」…いいですね。テープに録音しちゃいました!「隼‐はやぶさ」はニュースで中断して残念でした。お会い出来る日を楽しみにしています。
Commented by ルナ at 2013-04-09 08:33 x
いつかまた『サブちゃんと歌仲間』が地上波で復活する事を常に願っています。
Commented by 秋元崇 at 2013-04-09 19:32 x
秋岡秀治様~
今晩は、タイトルが「木屋」のハサミでしたね(笑)。
家も使っています。携帯用では、ありませんが…デパートで買いましたが、値段は数千円でした。切れ味バツグンです~。携帯用もいいかも知れませんね。便利な情報!有り難うございました。
Commented at 2013-04-13 05:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akiokasyuji | 2013-04-05 05:00 | その他 | Trackback | Comments(10)

秋岡秀治 The Worldのブログです。


by akioka shyuji