AED自動体外式除細動器

最近、駅や空港、ホテルなど公共の施設で、こんなものが増えているのご存知ですか?
b0083801_164721.jpg

AED、「Automated External Defibrillator」です・・・( ̄. ̄;)エット
日本語に訳すと「自動体外式除細動器」といいます。
パットを装着してスイッチを押すだけで、心肺停止状態かどうか自動的に検知し、
電気ショックを与えるという、画期的な機器です!
心肺停止から4分が過ぎると蘇生率は50%、5分だと25%を切ると言われます・・・
しかし現状は、救急車が現場到着するまでの時間平均は約6分強、
だから、それまでの間の処置が重要であり、不可欠なのです!
いざという時、このAEDが有ると、特殊な訓練を受けていない一般の人でも、
人命救助が出来るのです ( ̄^ ̄)W いや、しなければならないのです。
b0083801_1135424.jpg

私が初めて目にしたのは10年ほど前、レスキューダイバー免許取得の講習の時です、
その当時は、救急に携わるごく一部の人にしか知られていないもので、
数百万円と一般家庭では、手の届かない代物でした・・・
しかし、最近では一般家庭用機器を数十万円程度の金額で発売したり、
リースをしているメーカーも!
b0083801_1322271.jpg

こういう事に使われる税金は大歓迎です、大いに普及させて貰いたいものです。
街を歩く時、チョッと注意して観て下さい、きっと貴方の街にも有りますよ・・・(^o^)!
トラックバックURL : https://akioka.exblog.jp/tb/6202400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by akiokasyuji | 2006-12-14 16:20 | 好奇心 | Trackback | Comments(0)

秋岡秀治 The Worldのブログです。


by akioka shyuji